■プロフィール

まいらいふ倉敷

Author:まいらいふ倉敷
医療依存度が高く介護に不安と困難が予想される方や、重度要介護状態の方でも安心してご利用していただける、介護付有料老人ホームまいらいふ倉敷です。障害を持たれた入居者が、その人らしく最後まで暮らせることを目的とし、幸せな自分の生き甲斐を見出せるような終身介護を目指します。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋の日帰り旅行に行ってきました。
■日時 平成19年11月19日(月) 出発8:00 帰所17:00
■場所 香川県
    �中津万象園 
    �坂出常磐公園山頂の結婚式場でのフルコースランチ
    �瀬戸大橋フィッシャーマンズ・ワーフの「ベゴニア海花園」
■参加人数 約50名(家族・介護職員含む)

【旅行記】
 晴天に恵まれた旅行日和。午前9時私たちを乗せたバスは、目的地中津万象園に向けて出発いたしました。瀬戸大橋にさしかかり、車窓からの風景を見ながら昔を懐かしむ声も聞かれました。「六口島に海水浴に行きましたよ」「下津井の魚は一番だったな」「瀬戸大橋は多島美で有名だね」「めばるは小さいのが一番おいしいダシになる」など。話がはずむ中午前10時に中津万象園に到着。
 大傘松や地蔵尊に立ち寄りながら、日本庭園を自由行動。美術館にも立ち寄り「ミレー作品は”ばんしょう”というのが有名なんですよ。あかね色の空が描かれていて、美しい作品ですよ。」と教わりました。1時間半ほど見学後、昼食会場の坂出常磐公園に向かいました。
 会場は瀬戸内海を一望に見渡すことができる公園の山頂。真っ白なチャペル式のかわいらしい結婚式場。食べきれそうもない料理を前に、家族様の代表が挨拶・乾杯へと進みましたが、その時ファンファーレが鳴り、閉めきっていたカーテンが全開オープン。瀬戸大橋が一望できる会場に変化し「わー!!」と皆様が驚かれました。数々の料理を時間をかけて頂き、参加者一同旅行気分を味わうことができました。
 最後の目的地予島の「ベゴニア海花園」には、午後3時に到着いたしました。一歩温室に入ったとたんベゴニアの色とりどりの花に囲まれて、旅の疲れも癒されました。花を見て楽しまれる方、足湯に入りくつろがれる方、ベゴニアアイスを食べる方など自由時間を満喫いたしました。
 盛りだくさんの日帰り旅行でしたが、参加者に喜ばれ本当にお世話で来た甲斐がありました。次回は来年の春予定とのことですが、皆様に期待されるよう頑張っていきたいと思います。


スポンサーサイト
イベント | 09:52:02
人工呼吸器着けて念願の墓参り
田舎で一人暮らしをしていた母に異変が起き、病院にて診断してもらった結果はALSでした。平成18年夏に人工呼吸器を装着した母の介護をしていただける施設を探していたところ、新設の「まいらいふ倉敷」を紹介していただきました。塩田社長・垣本施設長、後日には難波先生に面会させていただき、経営理念や医療介護の方針を伺わせていただき、安心してお願いできると強く入居を希望して入居させていただきました。
■念願の墓参り
母の希望があれば叶えますと施設からのお話に、墓参りを希望したところ管理責任者の長井さんをはじめ3人もの職員のかたに同行していただき、平成19年10月27日(土)車で片道1時間、自宅への墓参りを実現することができました。うろこ雲たなびく秋空の下、1年半ぶりに自宅へ帰れたよろこびや思いがけない多くの親しい友人の出迎えを受け、母の目からは涙が溢れていました。ストレッチャーに横たわった僅かな時間でしたが、願いが叶った喜びに満ちた母の顔を見ることができました。
入居してもうすぐ1年となりますが、季節行事などの催しをしていただき、豊かなQOLや生き甲斐を提供してもらいながら生活をさせていただいていることに大変感謝足しております。                       (入居者Yの家族)


くらし | 18:56:06

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。