■プロフィール

まいらいふ倉敷

Author:まいらいふ倉敷
医療依存度が高く介護に不安と困難が予想される方や、重度要介護状態の方でも安心してご利用していただける、介護付有料老人ホームまいらいふ倉敷です。障害を持たれた入居者が、その人らしく最後まで暮らせることを目的とし、幸せな自分の生き甲斐を見出せるような終身介護を目指します。

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
年末に餅つき大会を開催いたしました。
■ 日時   平成19年12月28日(金) 10:00~12:00
■ 内容   ・餅つき及び餅まるめ
        ・できたての餅を食べていただきました。
          ぜんざい、きなこ餅、すりおろし大根餅等

大会当日は、あいにくの雨。餅つき場所を中庭から1階のベランダに変更し、予定通り午前10時より開始いたしました。餅つきが始まると、各階からエプロン姿の入居者様が集まりだし、一臼が搗き終える頃には、餅を待ち構える人だかりでごった返しました。
餅をまる様子は本当に楽しそうで、昔話もはずみ、自宅での家族団欒の様子が伺われました。中には、上新粉のついた手で顔を拭き、真っ白な顔を見ては大笑いをする様子が印象的でした。丸められた餅は大小形は様々でしたが、一つづつ丁寧に丸めていただきました。
開始当初は男性3人で、10臼搗けるかどうか心配いたしましたが、2臼搗いた頃より家族様が応援に詰めかけ、問題は解決いたしました。しかし餅つきが初めての方も多く、最初は戸惑いも見られましたが、経験者の助言も受けながら、楽しく搗くことができました。
搗きたての餅はすぐさま、ぜんざい・きなこ餅・すりおろし大根餅に姿をかえ、入居者・家族様に食べていただきました。ぜんざい等は小豆から煮て味付けし、おろし大根は大根の甘い部分だけを摩り下ろしました。こだわりの甲斐があり、皆様よりご好評いただきました。搗きたての餅は、皆様の食欲をそそり、一人で3つ4つと食べる方もおられました。今回搗いたお餅は、お正月の雑煮として振舞う事ができました。
年を締めくくる行事として、多くの家族のご協力をいただきながら、無事終了できたことを職員一同感謝しております。餅つきは食という点で危険度があり、多くの施設で中止されています。しかし家庭的な行事として新しい年を迎える準備することは、大切にしたいと思っています。入居者様・家族様の参加できる行事として毎年行いたいので、ご協力お願いいたします。

餅つき



スポンサーサイト
イベント | 14:20:20

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。